So-net無料ブログ作成
検索選択

赤ちゃんロボット開発=発達過程の研究用―東大と阪大(時事通信)

 生後約9カ月の赤ちゃんにそっくりなロボットを開発したと、東京大の国吉康夫教授や大阪大の浅田稔教授らが11日発表した。生後9カ月は乳児が運動したり、周りの人やおもちゃなどを認識したりする機能が急速に発達する時期。ロボットと乳児の詳細な比較が進めば、人間の認知発達の仕組みの理解や、子供のように振る舞えるロボットの開発に役立つという。
 「Noby(ノビー)」と名付けられたロボットは、身長71センチ、体重7.9キロ。頭部にカメラ2個とマイク2個、身体の表面に600個の触覚センサーを備え、関節も実際の赤ちゃんと同じくらい動く。 

【関連ニュース
戦略5分野で149兆円市場=雇用258万人増
メカ獅子頭をお披露目=金沢美術工芸大〔地域〕
「今度は月面ロボットや」=まいど1号の夢再び
ファナック、中間純利益予想488億円=受注回復見込む、通期は開示せず
元福岡市職員ら2人逮捕=ロボット開発者も

<鉄道友の会>ブルーリボン賞にJR東の成田エクスプレス(毎日新聞)
会期延長、民主で慎重論広がる=国民新「郵政先送りなら離脱も」(時事通信)
広島少年院暴行の元教官、二審は猶予判決 示談など考慮(産経新聞)
<ひき逃げ>成田空港内でデルタ航空社員死亡(毎日新聞)
走行中に全車両の扉28枚開く…JR山陽線兵庫駅(読売新聞)

<首相進退>継続協議に 「小鳩」続く神経戦(毎日新聞)

 ◇「非小沢系」VS参院 対立構図浮き彫り

 米軍普天間飛行場移設問題での公約違反と支持率低下を受け、参院選を控えた参院民主党から退陣論が噴出した鳩山由紀夫首相の進退問題は1日、首相と小沢一郎幹事長、輿石東参院議員会長の「3首脳会談」で「継続協議」を確認し、結論を出さなかった。辞任圧力をはねつけ、「続投」の言質をとろうとした首相。「続投」の確約を避けつつ、「退陣」で押し切りもしなかった剛腕・小沢氏−−。互いに決定打を欠き、綱引きが続いた。この日は「非小沢系」が首相擁護に回り、「首相・非小沢系」と「小沢氏・参院民主」の対立構図も浮き彫りに。政党支持率が民主党と拮抗(きっこう)し始めた自民党は弱体化した政権に揺さぶりをかける構えだ。【高山祐、中田卓二】

 首相との会談後、国会内の総理大臣室を出た小沢氏と輿石氏の表情は、報道陣に笑顔をみせた首相とは好対照だった。口を結んだまま一言も語らず、そのまま別れ、対応を協議することもなかった。小沢氏は予定していた記者会見を延期した。

 「密室会談」は憶測を呼んだ。「会談の結果は継続協議だ」と小沢氏の側近議員は漏らし、小沢氏と会った副幹事長は「続投かどうかわからない」。ある党幹部は「進退に直接言及はしていない。しかし、31日に続くこの日の会談で参院と国会の厳しい状況をつぶさに首相に説明した」と明かし、小沢氏側が首相に決断を迫ったとの見方を示した。

 「3首脳会談」に臨んだ首相の思惑は、党側の最高実力者の小沢氏と、退陣論の震源地の参院を束ねる輿石氏から「続投」の言質を取りつけ、政権運営の基軸になってきた「小鳩体制」を再確認して参院選に臨む態勢を再構築する狙いだった。

 だが、道半ばだ。小沢氏周辺は「首相続投」が確認されたわけではない、と強調する。間近に迫る今夏の参院選では「惨敗予想」すら流れ、その主因が鳩山首相の政権運営のまずさにあるとみる参院側は容易に怒りの矛を収められないのが現状だ。先月31日、小沢氏との会談後に首相が「続投確認」を主張し、参院側が反発したばかり。3首脳が沈黙を守ったのも、参院側を刺激したくない、との事情があった。

 小沢氏にも弱みがある。「腹は固まっていると思うが、しかし自分では動かない」。側近議員は1日、小沢氏の心境をこう説明した。参院側の退陣論は「現体制では参院選は戦えない」との危機感からだが、内閣支持率が低迷するきっかけの一つは小沢氏自身の「政治とカネ」の問題で、いまもひきずっている。

 小沢氏周辺は「小沢氏自身が動いて首相を引きずり降ろせば、鳩山グループの恨みを買う。代表選など今後のことを考えればそれは避けたい」と説明する。輿石氏ら参院側は野党時代からの小沢氏の重要な権力基盤。参院側の切実な声は無視できないが、強行突破すれば小沢氏も火の粉をかぶりかねない。

 1日午前の閣議後会見では衆院側を中心とした「非小沢系」の閣僚が一斉に首相擁護の声を上げた。前原誠司国土交通相は支持率低下の原因を「ツートップの『政治とカネ』の問題が大きい」と指摘。小沢氏の「共同責任」を強調してけん制した。

 非小沢系議員には「選挙目当てで首相をころころ代えれば、自民党と同じ悲惨な結果になる」との警戒感がある。ベテラン衆院議員は「首相が辞めても少し良くなるだけ。代表を代えることが民主党にとっていいか判断できない」と吐露する。

 非小沢系議員の中には、参院選までは「小鳩体制」で臨むのがベスト、との声もある。「鳩山、小沢両氏が選挙後、引責辞任し、9月の代表選で党内を活性化すればいい」と本音を漏らした。

 ◇自民、揺さぶり強める 「政権は死に体」

 鳩山由紀夫首相の進退は夏の参院選の流れを左右しかねないだけに、自民党は政府・民主党の出方を注視している。自民党内には「首相が辞めると意味がない。内閣不信任決議案を早期に提出して与党に否決させ、辞めさせられなくした方が得策だ」(幹部)と弱体化した鳩山政権の存続を期待する声が強い。

 首相を巡る民主党の混乱は、昨年夏の衆院解散前夜に自民党内で吹き荒れた「麻生降ろし」と重なる。自民党は麻生太郎首相のまま衆院選に突入し惨敗。図らずもその裏返しの状況になったことに、自民党は活気づく。

 大島理森幹事長は1日の記者会見で「民主党内の首相退陣論は、目前に迫った選挙を優位に戦うためだけに『顔』を替えたいという浅はかな戦術論だ」と批判。田野瀬良太郎総務会長は「『政治とカネ』や米軍普天間飛行場移設問題で(政権が)死に体なのだから、頭を替えても仕方がない」とけん制した。中堅幹部の一人は「延々と協議してくれればいい」と民主党の内紛を歓迎した。

 自民党は社民党の連立離脱も追い風とみている。社民党は内閣不信任決議案の採決で欠席か賛成する考えを示唆しており、実現すれば鳩山政権へのダメージは少なくない。また、参院では民主党会派(122人)から「造反」が出れば、首相問責決議案を否決できない事態も想定される。

 一方、自民、公明、共産、みんな、新党改革、たちあがれ日本の野党6党は1日、参院規則に基づく「委員の3分の1以上の要求」で参院予算委員会の開催を簗瀬進委員長(民主)に求める方針で一致。与党に対し、揺さぶりを強めている。

雑記帳 コウノトリ「えっちゃん」命名 福井・越前(毎日新聞)
好況時の財政再建が重要=ギリシャ危機に焦点―内閣府報告(時事通信)
<社民党>近藤氏が無所属で出馬 参院選新潟(毎日新聞)
<民主党>公約半分は着手と自賛−−集計(毎日新聞)
首相「社民の理解を求める」(産経新聞)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。