So-net無料ブログ作成
検索選択

赤ちゃんロボット開発=発達過程の研究用―東大と阪大(時事通信)

 生後約9カ月の赤ちゃんにそっくりなロボットを開発したと、東京大の国吉康夫教授や大阪大の浅田稔教授らが11日発表した。生後9カ月は乳児が運動したり、周りの人やおもちゃなどを認識したりする機能が急速に発達する時期。ロボットと乳児の詳細な比較が進めば、人間の認知発達の仕組みの理解や、子供のように振る舞えるロボットの開発に役立つという。
 「Noby(ノビー)」と名付けられたロボットは、身長71センチ、体重7.9キロ。頭部にカメラ2個とマイク2個、身体の表面に600個の触覚センサーを備え、関節も実際の赤ちゃんと同じくらい動く。 

【関連ニュース
戦略5分野で149兆円市場=雇用258万人増
メカ獅子頭をお披露目=金沢美術工芸大〔地域〕
「今度は月面ロボットや」=まいど1号の夢再び
ファナック、中間純利益予想488億円=受注回復見込む、通期は開示せず
元福岡市職員ら2人逮捕=ロボット開発者も

<鉄道友の会>ブルーリボン賞にJR東の成田エクスプレス(毎日新聞)
会期延長、民主で慎重論広がる=国民新「郵政先送りなら離脱も」(時事通信)
広島少年院暴行の元教官、二審は猶予判決 示談など考慮(産経新聞)
<ひき逃げ>成田空港内でデルタ航空社員死亡(毎日新聞)
走行中に全車両の扉28枚開く…JR山陽線兵庫駅(読売新聞)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。